« 39.8℃ | トップページ | 娘のダイエット »

古代蓮の里

 埼玉県行田市にある〔古代蓮の里〕。42種類12万本の蓮があります。今年は夏になるのが遅かったので、開花が遅れているようです。6月の史上初の最高気温、熊谷39.8℃に刺激されて…行田市は熊谷市の隣です…遅れていた蓮達も開き始めるでしょうね。7月の前半が見ごろでしょうか?写真は今日(25日)11時過ぎに写したものです。

 下は、誠蓮(まことばす)。可愛いピンクの花がたくさん風に揺れていました。

P1060984

 次は、ちょっとピンぼけ? 名前は確か、酔姫蓮(すいひれん)。白い花弁の周りがうっすらピンクのほろ酔い加減のお姫様?色っぽい名前ですね。白い花を撮るのは難しい、本当はもっと周りのピンクが強かったのですが・・・

P1060985_2 

 名前は解りませんが、真っ白な沢山の花びらの中心の果托(かたく)に乗ってるミツバチです。

P1060989

|

« 39.8℃ | トップページ | 娘のダイエット »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

花のことはまったく無知なのですが、
写真を拝見して、涅槃の花?なのでしょうか?
「涅槃の花」という言葉の意味さえわからずに使っているのですが…。

「人は何か意味があって生かされている」
と言いますよね。

いまこの世で生きている人は、
何かしら必要とされているから生きているんだって。

そんなことをふと考えながら花の写真をながめていました。

投稿: くるたんパパ | 2011年6月26日 (日) 04:44

くるたんパパ様

蓮の花というと、仏様の花のイメージ。
仏像は蓮の花の上に座ったり立ったりしておられますね。
「古代蓮の里」で、蓮の花の写真の展示会をしており
その中に「涅槃」というタイトルのものがありましたよ。

「涅槃」の意味があいまいで^^;今ネットで調べてみました。
煩悩の火を消して智慧の完成した悟りの境地・・・などと書かれていました。
ん~~~^^;

>「人は何か意味があって生かされている」
こんな私でも、必要とされている何かはわからなくても
生かされている命、大切に日々過ごして行かなくてはと思います。

投稿: ヨピ | 2011年6月26日 (日) 08:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 39.8℃ | トップページ | 娘のダイエット »