« 東日本巨大地震 | トップページ | 春待つ想い »

いま できること

東日本巨大地震の被害は日を追うごとに大きくなっています。失われた命の多さに愕然としますが、まだ安否不明者も沢山おられます。本当に心配です。一刻も早く救出してほしい!避難場所に必要な薬・粉ミルク・暖房用灯油などの救援物資を早く届けて欲しい!テレビを見ては、ただただ願い祈るしかないです。「私たちにできる事は何?」、皆さんが考えておられます。くるたんパパさんのブログ・Family's Diary 第2章の「いま できること・・・。」http://onga.cocolog-wbs.com/blog/2011/03/post-e965-1.htmlが、非常に参考になりますので、お借りして紹介させて頂きます。役に立ちたい思いは一杯あっても、押しつけで迷惑が掛かるものであってはならない。また,私たちも節度ある生活をする事で迷惑をかけず被災地の役に立つこともあるのです。今日、買い物にいきました。報道されているとおりにスーパーでは品物が無くなっています。懐中電灯は停電に備えて必要だと思いますが、牛乳・豆腐やお肉まで少なくなっているとは・・・何故??必要なものだけでパニックにならないよう冷静に行動したいものです。昨日は計画停電が関東地方で始まりましたが混乱ばかり、東京電力の二転三転の対応に振り回されました。電力不足に備えて計画停電の覚悟は出来ているのです。停電以外の節電もしているはず!私たちも役に立ちたい思いです。日本赤十字のホームページではクレジットカードからの寄付も出来ます。他にもテレビ局やラジオなどからでも出来るようですね。一人でも多くの命の救出と避難場所の皆さんに暖かさと安心できる支援が行き届くことを心から願っています。

|

« 東日本巨大地震 | トップページ | 春待つ想い »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヨピさん
コンビニ、スーパー、どこに行っても
ものが不足しています。
ラジオ、乾電池、ガスボンベ等々…

万一のために備えておくことは必要なことだと思いますが、
むやみに買い込まないことが必要だと思います。

我々だけでも冷静に行動しましょうね。

僕ら日本人は海外のメディアが伝えるように
「我慢できる民族」として賞賛されているのですから。

計画停電も必要なことです。
東電の社員は、おそらく我々国民のために寝ずに頑張って下さっていることと思います。
多少の不便はしかたがありません。
被災地のことを思うと積極的に協力して行きたいですね

投稿: くるたんパパ | 2011年3月16日 (水) 05:45

くるたんパパ様
昨日、ラジオのレポーターが乾電池を求めて
秋葉原中の店を回ってみたそうですが
単一と単二の乾電池はなかったそうですよ。

買いだめしたために、他に本当に必要な所に
回らない^^;としたら、それは罪な事です。
みんなで冷静に行動したいものです。
そうそう!私たち「我慢できる民族」ですものね。

東電の広報担当の方が汗をかきながら
説明をしているのをみると気の毒になります。
まさかの、ここまでの非常事態に対する社内の伝達システムが
始めの段階で出来ていなかったのでしょうね。

電車利用の方は本当に大変!テレビで見ていて気の毒になります。
もう少ししわ寄せなく出来ないものかと思ってしまいます。
でも計画停電は必要だし・・・みんなで耐えて乗りきるしかないですね。

投稿: ヨピ | 2011年3月16日 (水) 08:20

こちらの方でも、買占め、買いためは 随分と
見受けられます。
被災地優先であってもらいたいですが…

節電や停電も日本の国民として当然だと思います。
確かに手順や方法や連絡が充分ではないかも
しれませんが、こんな事態の時に
クレームや文句を東電に言うなんて事は考えられません。

非常事態で、命を張って懸命に作業してくれている方々に敬意を表し応援したいです。

海外からの応援の義援金やメッセージ、胸が熱くなりますね。。。

投稿: ぽっかぽか | 2011年3月17日 (木) 11:30

ぽっかぽか様 おはようございます。

今日の陽射しは暖かいけど、空気は冷たいです。
東北地方に早く暖かさが来て欲しいものです。

そうですね。みんな夫々の場所で一生懸命
働いて下さっているのですね。
私、クレームめいた書き方をしてしまいました。
反省です^^;

被災地で救援活動の方たち、福島原発に尽力して下さっている方達
本当に命がけの作業!ありがたくて、頭が下がります。

海外からも国を挙げての支援や
各界の著名人からのメッセージ、本当に嬉しいですね。

投稿: ヨピ | 2011年3月18日 (金) 09:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東日本巨大地震 | トップページ | 春待つ想い »