« 写経 | トップページ | 天高い秋 »

菊姫膳

8月に薬膳料理を食べに行った<清水亭>へ、又行ってきました。今回は秋の季節の特別メニューの『 菊姫膳 』です。友人のEさんにお誘いメールを入れたら、「菊姫膳?…私達にピッタリ~・・・」と、図々しく言い放って^^二つ返事で参加。他のお二人と4人での楽しい食事になりました。沢山の手の込んだお料理が、200710041134000 どんぐりや紅葉など秋の装いで盛り付けられ、目にも美しく、美味しく頂いてきました。その後は場所を変えて、ケーキとお茶でゆっくりお喋り~♪やっぱり何よりのストレス解消は、食べる事!とお喋り!いつもながら色気のない事でございます。

|

« 写経 | トップページ | 天高い秋 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。愛介護ネットと申します。

落ち着いた場所で、美味しい和食を食べる。
最高ですね!
私も、気の知れた仲間と一緒に出かけたくなりました。

さて、突然ですがこの度、
【生活得点ブログランキング】
http://lovekaigo.net/life_ranking/
を開設しました。
そこでぜひ、
ご登録(無料)頂きたく、ご案内させて頂きました。

また、今月、ご登録頂いた方の中から、おもしろいブログを
スタッフの独断と偏見で選抜!
10名の方に、QUOカードをプレゼントいたします。

▼登録は、こちらから!
http://lovekaigo.net/life_ranking/entry.php
このランキングは、クリック数だけではなく、得点もつくので、
他のランキングとは違い、内容まで評価ができてしまうところが
面白いところです。

ご参加お待ちしております。
よろしくお願い致します。

投稿: 株式会社介護 | 2007年10月 4日 (木) 22:45

ヨピさん、おはようございます。
今朝は早起きではありません。
3連休を前に仕事が片付かず、朝になってしまいそうです。トホホ

ところでこの薬膳料理は色とりどりで秋を感じさせてくれますね。僕は薬膳料理はいただいたことがないのですが、健康(身体)に気を使った料理なんですよね。
女性4人の食事、そしてティータイム。あっという間に時間がたってしまいますよね、きっと。薬膳料理よりこっちの方が健康に良いと思います…、ですよね(笑)

投稿: くるたん家族 | 2007年10月 5日 (金) 04:48

素敵なお食事ですね~。やはり、目で見ておいしい綺麗なお料理、食べて繊細な味・・・こういう経験をしないと料理上手にはなれないな~なんて。結婚した頃、「美味しい物を食べに行かないと料理上手にはなれないわ」と主人によく言っておいたんですが・・・。やはりそういう「食」「デザート」「おしゃべり」は女性に限るってことかもしれません♪

投稿: うさ | 2007年10月 5日 (金) 10:31

くるたん家族さま こんにちは
え~~寝ないで5時前ですか?徹夜ですね。
終わりましたか?
今頃は、昼食も終わり居眠りしたくなってる頃でしょう?
ドウゾ気をつけて下さいね。
今回は、薬膳じゃなくて秋の会席風?でした。
(誤解しがちな書き方してごめんなさい^^;)
確かに、薬膳をたまに食べるより
一番のご馳走はお喋りです!これは体に良い!です。
くるたんパパは、男性なのに女性心理を良く理解してくださってますね^^

投稿: ヨピ | 2007年10月 5日 (金) 12:46

うさ様 こんにちは
きれいなお料理でしょう!
秋の特別膳と言うだけ有って秋色のご馳走~
ほんの一切れだけど、松茸もありました。
もっとド~ンと!って、値段が安いから無理ですね。
そうなんですよね。
私もいつも、「食べたことのないものは作れない!」
と大きな顔で美味しいものを食べに行きます^^V
夫は、こういう会席風とか少しずつ出てくるのは大嫌いですので
女性だけで行きます。そういうお宅多いみたい^^;
くるたんパパなら一緒に楽しめそうですよね^^

投稿: ヨピ | 2007年10月 5日 (金) 12:55

清水亭 行ってこられたのですね。
秋らしいお料理ですね。  私も楽しみです。 15日に行ってきますよ。
秋の仕事をがんばったごほうびです^^

投稿: パソコン慣れしてない母 | 2007年10月 6日 (土) 13:48

パソ母さま こんにちは
秋の菊姫膳、お先に頂いてきました。
沢山のお料理の一つ一つに、手が込んで、
味も良くて大満足でした。
お互いに頑張った後の自分へのご褒美~☆ですね^^
なんて・・・私はそれほど頑張ってないかも?^^;

投稿: ヨピ | 2007年10月 6日 (土) 17:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 写経 | トップページ | 天高い秋 »