« 花祭りの思い出 | トップページ | 隣の空き地 »

カレンダー

これは、動物病院で貰ったカレンダーの3・4月のページ。Nec_1267 パグ犬がカーテンを噛んで悪戯している写真です。トイレに座って右側の目の高さに貼っています。横を向くと、この悪戯っ子パグ君と目が合うのです!思わず「ムフッ!」・・・毎回笑ってしまいます。(写真、見え難いですね ^^;)
昨日の仕事、夜7時半と8時過ぎのアポで訪問。車で走っていると、下のほうで白い小さなものがヒラヒラ~。公園に指しかかるとそこには・・・外灯に照らし出された ☆桜の花吹雪~☆ 夜の花吹雪は、とっても素敵でした!!

|

« 花祭りの思い出 | トップページ | 隣の空き地 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
可愛いカレンダー、ついニッコリ♪
我が家は犬猫を飼う根性が無いので、
カレンダーだけは犬猫の可愛いものを毎年使っています。
子犬もこのくらいはコロコロしてて、ああ、可愛い。

夜の桜吹雪、幻想的ですね~、
満開の桜、この桜吹雪の時期もまた楽しめますね。

投稿: ぴよ | 2007年4月10日 (火) 08:04

カレンダーかわいいですね~!
うちは主人が「モノが少ない家」が好きなので、かわいいものは少ししかありません^-^;。
マンションなので、壁に穴もあけられないので、カレンダーは小さいものしかありません。
パグ、大好きです^^。かわいいですよね~。パグかフレンチブルをいつか飼いたいです。
ペットOKのマンションに住みたいなぁ。

投稿: うさ | 2007年4月10日 (火) 10:05

ぴよ様 こんにちは。
もっとハッキリ写したかったのですが・・・。
犬猫を飼う根性・・・覚悟の上での長いお付き合いですもの、生半可な気持ちでは飼えません・・・なるほど!これも『根性』なのでしょうか?
子犬は本当に可愛いですよね。そうそう!1年足らずの間のコロコロとした可愛さは、もうメロメロにされちゃいます^^

夜のお仕事のご褒美の様に見事な桜吹雪~☆でした。
咲いて良し!散って良し!ですね。

投稿: ヨピ | 2007年4月10日 (火) 17:41

うさ様 こんにちは。
うささんのマンションのお部屋は、物が少なくて
趣味の良いモデルルームのようなお部屋なんでしょうね。
そんな感じを想像しています。

うささんはパグ・フレンチブル派なんですね。
愛嬌者で、憎めない子達ですね^^
このカレンダーのパグ君は「イタズラ!見つかっちゃったよ^^;」
みたいな目で私を見ていて、とっても可愛いのです。

ペット可のマンション増えていますね。

投稿: ヨピ | 2007年4月10日 (火) 17:54

ヨピさんへ
可愛いカレンダーですね。
ヨピさん 私事ですいませんが 今日 実家で飼っていた
犬が亡くなり とても 悲しい日になってしまいました。
今 最後に顔を見て帰ってきたところなのです。
16年も長生きしてくれて感謝の気持ちで いっぱいですが
寂しいですね 明日になったらもっと・・・・
暗いコメントですいません。

投稿: 愛 | 2007年4月10日 (火) 22:18

愛様 こんばんは。
残念ですね、寂しくなられましたね。
3月29日に下さったコメントに、ご実家のワンちゃんが
食欲が無い…と書いてらっしゃったので気になっていました。
16才、頑張って長生きしてくれましたね。
でも、家族はもっと!もっと!一緒に居たい!と
思いますが、いつかはお別れがあるのですよね。
私も3年前の5月に、最初に飼った犬を17歳の誕生日の2日前に
亡くしました。長い闘病生活でしたが、辛くて辛くて・・・
色々な出来事や、散歩道での様子を、季節の移るたびに
思いだしては泣いてました。
暫くは、思い出して泣いてしまうのも仕方無いですよね。

哀しいときに、旅先で知った方から『虹の橋』の詩を教わりました。
ご存知ですか?・・・内容を簡単に書いてみます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
亡くなったワンコは、天国にある「虹の橋」に行くそうです。
そこでは、病気だったワンコも元気になって他のワンコ達と
楽しく元気に、走り回って、遊んでいるそうです。
そして、生きていたときに愛してた飼い主が、天国に来たときに
虹の橋で又、一緒になれるのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もうすぐ愛さんのワンちゃんも虹の橋に着くころでしょうか?
目も良く見えて、痛みも無くなっている事でしょう。
私は、この詩に救われました。
少しの間、悲しんだら、どうぞ元気を出して下さいね。

投稿: ヨピ | 2007年4月10日 (火) 23:29

ブログ開設の時にコメントくださっていたyoshimiちゃんのブログで「虹の橋」を知りました。とってもいいお話ですよね。

投稿: みや | 2007年4月10日 (火) 23:41

みや様 こんばんは。
虹の橋は、海外の方(作者不詳)が作られたそうですね。
虹の橋では、元気なときに戻って遊んで居られる・・・
そう思うと辛さが半分になりました。

投稿: ヨピ | 2007年4月11日 (水) 00:08

ヨピさんへ おはようございます。
素敵なコメント ありがとうございます。
ヨピさんなら きっとご理解いただけると信じて
勝手なコメントをさせていただきましたが 本当に
元気付けていただき 嬉しく思います。
ヨピさん! 感謝します。
素敵な 詩も ありがとうございました。

投稿: 愛 | 2007年4月11日 (水) 08:54

愛様 こんにちは。
ワンコ繫がり・・・お互い様です。
私も当時は、多くの友人の励ましで
助かったのを思い出します。

『虹の橋』の詩は、ネットで「虹の橋」で検索すれば、
すぐ、出て来ると思います。
良かったら、ご覧になってみて下さいね。

投稿: ヨピ | 2007年4月11日 (水) 15:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139173/14627398

この記事へのトラックバック一覧です: カレンダー:

« 花祭りの思い出 | トップページ | 隣の空き地 »