« 根性焼き | トップページ | 弥陀笑ふ »

象の背中

 200610190_6☆ 秋本 康 著  産経新聞出版 ☆
末期ガンで「余命半年!」と宣告された48歳男性の半年間の生き様が描かれている。主人公は限りある日を、延命治療はせず自分の思うように生きた。もちろん壮絶な病との闘いだったが随分と恵まれた生き方だったと思う。私が余命半年だったら?・・・半年しかないならば告知して欲しいし、残された人生を存分に生き抜きたいと思う。これ随分漠然としていて実際にその場になると私は一体何をして過ごすだろう?つい最近、ご近所のご主人が48歳でくも膜下出血で急逝された。突然で無念だったろう!と思う。でも、告知された半年間が、心乱れて心身ともに長い苦しみだとしたら、突然死のほうが良い? でも、家族にとっては、やはり別れの時間があったほうが良いし・・・? 結果はきっと、最後の最後、死の瞬間にならなければ解らないのだろう。色々と考えさせられた一冊だった。

|

« 根性焼き | トップページ | 弥陀笑ふ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ヨピさん、こんにちは。
告知って、難しいですよね、ほんと。
間近に何人か居たので、あれこれと想像してしまいました、この本。
読んで見たいと思いつつ、まだなんていうか
涙が出そうになる本はダメかなぁ。

余命告知、母の時は何度もノドまで言葉が出かかったものの、『元気になったんだ!』と本人が思い込んでいたので最後まで言い出せず・・・それでも言った方が良かったのかも?と、未だにくすぶっている部分があります。
余命がわかっていたら、したいことも思う存分に出来たかも・・・。
本当に難しいですね~。
自分の時は、絶対に告知してもらいたいと思っているのに、矛盾なことばかりして罪悪感が残ったままです。

投稿: ぴよ | 2006年10月21日 (土) 14:04

ぴよ様
こんばんは。コメント有難うございます。
辛い思い出がお有りだったんですね。お母様が『元気になれる!』と思っておられて、ぴよさんが告知されない事で、前向きに生活する事がお出来になった事と思います。
私はこういう時いつも、傍に居る方の判断が一番正しいと考えます。辛さ苦しさ全てを、身近で見守って支えているからこそ、周りの人には解らない事も最もご存知のはずです。「死」と言う残念な結果で終わってしまうのですから、其処には自分の判断と逆を選んだ方が良かったのでは…と後悔・迷いが出てしまいます。同じ状況だと、ぴよさんと同じく私も自分の判断に自信がなくなります。
少し前からのブログだけでのお付き合いですが、いつも温かいお人柄が感じられます、お母様は、きっとぴよさんが告知されなかったことを受け入れ感謝されて、天国から見守って下さってると思います。

投稿: ヨピ | 2006年10月21日 (土) 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139173/12358454

この記事へのトラックバック一覧です: 象の背中:

« 根性焼き | トップページ | 弥陀笑ふ »