« 別れの季節 | トップページ | 晩御飯no.8 »

弥生三月

DSC00672  仕事で群馬県太田市に行った。利根川を渡って、田園風景の中を抜け、太田市の街中まで。 この前まで枯れて色の無かった田畑や土手が、緑の新芽に覆われていた。まだまだ寒いこの時期だけど、雨が続いたから?それとも気温が上がったから? 昨日から〔 弥生三月 〕。弥生は、草木が生い茂るの意・・・なるほど!!桜の開花予想も出された。関東地方の見ごろは、3月末頃。桜の木も、色付かないまでも、蕾を一杯つけて、本当の春まで後少し、もうすっかり準備オッケーです。

|

« 別れの季節 | トップページ | 晩御飯no.8 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

弥生の言葉のように、日毎に春めいて、気持ちも浮き立ってきます。 でも、浮き立ちすぎたのでしょうか?先日、久しぶりに会った学生時代の友人と調子に乗っておしゃべり、ところが話が佳境に入った時に、軽い口論になってしまいました。ちょっと心が萎えて帰宅。 冷静になってみると、私のほうが筋の通らないことを言っています。反省しております。--;

投稿: なずな | 2006年3月 4日 (土) 15:01

なずな様がお友達と口論?ちょっと想像できませんが…昔からの友人は遠慮なく言いたいことも言いあえる!だから、私もついつい我侭が出たりします。日頃のラインを引いたお付き合いでは口論にはならないですよね。珍しくなずな様が筋を通らないことを言った(?)言える間柄のお友達に感謝ですね。今頃お友達も同じことを思っておられるかもしれませんよ。

投稿: ヨピ | 2006年3月 5日 (日) 00:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139173/8913262

この記事へのトラックバック一覧です: 弥生三月:

« 別れの季節 | トップページ | 晩御飯no.8 »